FC2ブログ

五月のおべんきょう Ⅴ


続いて行かせてもらいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


     白萩

初節句は来年なれどせめてもと壁に小さき鯉のぼり飾る

(そうなんですか。そうなのでしょうね、今年のお節句。でも、せめても、と飾られた小さな鯉のぼり。しっかりと見つめて、守ってくれますよ、大切な坊やさんを。随分大きくなられたでしょうね。可愛いでしょうね。

初節句、おめでとうございます。


息できりゃ低い鼻でもいいじゃない 顔の印象の肝はバランス   (妻と息子より夫へ)

(あらららら、お母たんは既に、息子を配下にお納めか。父たん頑張れ、そのうち逆転の日は来る(たぶん)。逆転はしなくても良さそうですね。

朝昼は左に泣く子を抱えつつ右で箸持ち飯を掻き込む

(子育て中の「リアル」。飯を書き込む、白萩さんのこれ、「リアル」。でも、夕食は違うんですよね?。お母たん頑張れ。

新緑と藤の花房さわやかに朝の散歩の心弾む道

人の世は鬱々とすれど花々は薫風のもと変わらずに咲く

(新緑。薫風。時を待ちて咲く花々。

コロナ禍に立ち向かう人へ護りあれ 祈らぬスメラギには報いあれ

(この「報いあれ」にはドッキリです。本当に、心から底から要らない、です。

   39県で緊急事態宣言が解除となりましたが、まだまだコロナに油断せず
   過ごさねばと心を引き締める毎日です。
   各国の王室ではノブレスオブリージュを実践しておられますが、はて、この国の
   テンノーコーゴーは?
   誰よりも外出自粛の日々を満喫しておられる気がしてなりません。

     おおやま よしの

   今月もありがとうございます。読み捨てでお願いいたしますm(__)m

   なーんも公務をせず、愚にもつかないYoutubeを作らせるのに
   血道を上げているのかと 思うと、
   心底うんざりします。うんざりを吐き出してすみません。閉塞感とうんざりが、
   泥のように心にたまっているのです。

蝸(まいまい)の ごとく帝は 閉じ籠る
ひたすらコロナ 過ぎ去るの待つ

あれもエア これもエアエア エア公務
車窓から笑む それだけの女(ひと)

蚕起き 桑食む日ごと 育ち行く
たとえ后が 見てくれずとも

熱が出た それがどうした 大人しく
仙洞御所で 休んでください

ホンモノの 愛子ちゃん今 どこですか
あなたが幸せで ありますように

ああどうか 親しき友と 語らえる
その日が再び来ますように

本当にそう思います。うんざりも、どんどん吐き出して下さい。

     あなたはどなた?

   雨の日にできました。
 
 こんな日は何もすまいと決めてみる雨もふれふれ早苗も育つ

 色あせて散るばかりなる庭のばらそぼ降る雨にぬれてかなしく

(ええと。どなたさんかいのう? 二首も下さってる、嬉しいです。嬉しいから、お名前教えて下さいね。まだ大丈夫ですよ。

パチパチ。↑ のおうたは、かげろう さんの忘れ物でした。わかってよかった、ほーやれほ。ありがとうございました。



       ごめんなさい、今日はここまでとさせて下さい。

スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 2

There are no comments yet.

かげろう

忘れ物は名前です

KUONさま
失礼いたしました。すっかり忘れておりました。
私の名前は、かげろうです。
雨の日にできた二首を送ったものです。
実は、あわてんぼうです。

2020/05/28 (Thu) 00:06

白萩

KUONさま うたへのコメント、ありがとうございました。
息子の鼻が残念ながら私に似てしまい、夫にいつも嘆かれているので「息できりゃ〜」を詠んでみました。
今年初節句を行うか迷ったのですが、いかんせんコロナ禍の只中。お飾りを選ぶこともできませんでしたので来年に行うこととしました。来年は恙無く執り行えますように。

2020/05/28 (Thu) 13:52

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.