FC2ブログ

水無月のおべんきょう




続けます。

どんよりとした空です。

以前も書きました、若い頃に観た映画のシーンのこと。忘れられない。とは言っても、ストーリーさえ今や曖昧模糊とした・・アラン・ドロンとモニカ・ビッティの出ていた映画。監督はミケランジェロ・アントニオーニでした。

画面には、もう漬かってどれくらいになるだろう、という感じの木の杭が写っていて。浮いていて。曇天なのです、今日の、今のこのお天気みたいな。で。ドウンガドウンガドウンガ、と鳴り始めて、あれ、何の音かな、ヴゥ~ンガヴンガ、とトランペットが。「太陽はひとりぼっち」というタイトルの映画でした。ドロンの映画はほとんど観ましたが、あの酷薄そうな品のいいとは言い難いコート姿が、凄惨な美貌が、脳裏の隅っこに残っているのですね~、当時は音楽もよかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     かりそめ

   〈紫陽花の〉

*紫陽花の今年も碧く咲きてをり百余の窓の見下ろす径に

(この「百余の窓」の内側からは、物音もせず。紫陽花は「碧」く咲いている。なにかシーンとした視覚的な一首で。

*湿りをもカメラはしかと捕らへをり紫陽花うたた浮世より離(か)る

*道の辺に白紫陽花の並びをり梅雨の日時計時を刻まず

(白紫陽花。これも、夢のなかの光景のような。後で、実際に見たこととして残りそうな光景。

*紫陽花の写真と歌をためておくスマートフォンは小さき巨人

*紫陽花を好きと言ひたるテロリスト癌患ひて治療中とふ

(重信房子は、自分たちの作るはずだった「歴史」に、取り残されたひと、の気がします。つかまった時、私の記憶ですが、オーライオーライ、どうってこと無いよ、みたいな余裕で両手ピースをしていた。見ていて私は恥ずかしかったです。

   (暇つぶしに重信房子のお父さんの手記を読んだことがあります。
   彼女に関心はありませんでしたが、紫陽花が好きということは
   妙に記憶に残りました)

     ギボウシ

   <東洋武術の師との再会>

・ご近所の道場閉鎖を奇貨として 仏蘭西の師とリモート稽古

・平然とアラサンの師 Zoom操りて はにかみ語る 武の幽玄を

   (※アラサン=アラウンド傘寿)

(ひえ~、かっこええ~、と。アラサンの師が、平然と、武の幽玄を語られる。そこも勿論ですが、「はにかみ」て語られる、ここに魅かれました。はにかみ。憧れまする~。

・水際で往き来重ねし人なれば 虚実明滅 祈るが如く

 <巣ごもり歴30年の日常>

・水無月に入りて目覚めしアマリリス 悠々と伸び 優々と咲く

・ベランダの床に寝そべり俯いて咲く赤花を仰ぎ見る初夏

(最後の「初夏」がいです。とっても。


                           また後で!
スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 1

There are no comments yet.

かりそめ

KUONさま
遅れてしまいましたが、ありがとうございます。
ご感想がとても嬉しいです。

2020/06/26 (Fri) 17:29

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.