FC2ブログ

八月のべんきょう Ⅳ


     まめはな

回復されたようで何よりです。では、参ります。

(少しだけ言わせて下さいね。

そんな簡単に回復したりへたったり、ないですよ、そんなの。それなら楽な話。なんとか頑張って前向きに、と、思うはそれ、ではないですか。私も書いていいかどうか、自分なりに考えつつアタマがボーとか書いています。必要と思う時には、です。本当は自分の体調の話など書きたくない、エラそうですが、できるだけ触れないでおくので、あまり気になさらないで頂きたいです。ご心配おかけしてすみません。言ってもいいだけ、すこうし、ね。


・汗拭いたハンカチ洗って干している先から乾いていく夏の午后

(これはよくわかる。お上手です。<

・病む父にあたりし幼き日の悔いの今病みつきし我が身を責めり

(お父さまも辛かったでしょう、でも、子どもにはわからないんですものね、どうしようもない。あまりご自分を責めないで。この世には「どうしようもないこと」が、たくさんあって・・・。うたのラストは「責むる」「ですね。責めをり、かも。でも、文字が余ってしまうからね。

・大学など行くな嫁行け自転車屋のおばさん我に何度も言えり

(この「自転車屋のおばさん」は、真偽はともかくリアルです。こういうおばさん沢山いて。放っておいてくれ、とは、お腹の中でしか言えず・・わたし、そのあたりで捻じれたハートが、そのままになっている気がします。

・会いに来て会えないままに青森の山を降り来て列車に乗れり


・親が娘(こ)を並べ数えてひふみよい今日はどの娘(こ)を連れて行こうか

     (皇室)

          アルジェリマン

      今月もよろしくお願いします。

両腕の時計すべて動かぬも誇らしげなるソ連兵憎し

ネジ巻くも知らぬ野蛮の者どもの捕虜となりたる 祖父悔しがる

〈おじい様、それは本当に悔しかったでしょう。顔にも出せないし。ここ。
「捕虜となりしを」あるいは「捕虜とされしを」かなあ、とも思います。「捕虜なりしこと」かなあ、とも。ご一考を乞います。


シベリアの鉄路支える枕木はわれらが祖父の苦難の証(あかし)

(息さえ凍るシベリアで。食べ物も衣類も無く、けれど日本兵は、懸命に仕事をしたのでしょう。国にたばかられていたとなど、ほぼ、思いもせずに。

過酷なるビロビジャンの一年半 舞鶴に立つ祖父四十歳

(ビロビジャンはハバロフスクの200キロ東。
昭和18年7月に出征し、22年2月に帰還した祖父の思い出。)


(過酷、なんてものではなかった、おそらく一年半。40歳のおじいさまは、どんな思いで舞鶴の地を踏みしめられたのでしょう。そして戦後に生まれたアルジェリマンさんを、どんな思いで抱きしめられたのでしょうね。

爆音は遠くのどかに聞こえたり 玉音聞いて帰る暑い日

      (当時15歳、旧制中学生だった父の思い出)

(まだ父親は還っていない。中学生の少年の耳に、爆音は遠くのどかに聞こえた。戦争は終わったらしい、が、まだ、爆音は響いていたんだあ・・遠く、のどかに。すごいレアリズムですね。



今夜はここまで、とさせていただきます。



スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 5

There are no comments yet.

アルジェリマン

KUONさま、ありがとうございました。

「捕虜となりしを」ですね。

ネジ巻くも知らぬ野蛮の者どもの捕虜となりしを 祖父悔しがる


・・・で、お願いします。

ボンボン育ちのひとり息子の祖父が、
よくぞ生き抜いて帰ってきたものだと。
毎朝誰かひとりは死んでいたという捕虜生活を。

勤労奉仕で、鉄工所に木型を担いで納品しに行く時、
ぽぉ~~ん、ぱぁ~~ん、と爆音が遠くで鳴っていたそうです。
のどかだなぁと思いつつ、鉄工所に到着し、
そこで玉音を聞き、勤務先の工場に帰社し、
そして、帰宅した、と。
日本はどうなるのかな、自分がしっかりしなくては、と思いつつ。
翌日は、学校に集合したそうです。
銃器を埋めて隠したんだそうですよ。
見つかったけど、罰せられなかったよ、と。

思い出話の中の戦争は、不思議にのどかです。

2020/09/16 (Wed) 21:01

あしながおばさん

父も捕虜でした

KUONさま、はじめまして。
何年もブログを拝読しておりましたが、投稿は初めてです。
アルジェリマンさまのおうたに驚き、ちょっとだけ気持ちを書いてみたいと。。。
私の父は終戦間際にロシアの捕虜となり、シベリア鉄道の工事とともにどんどん日本から離れ行き、帰国は昭和24年でした。その2年後に私の母と見合い結婚したそうです。絶望しか無い厳寒の抑留生活をどのような気持ちで過ごしていたのか、娘にはあまり語りたくなかったようですが、それでもときおり見せる捕虜時代の苦慮を語る顔は厳しいものでした。
捕虜生活を生き抜いてくれた父のおかげで私は生まれ、そして孫の代まで血がつながっております。戦争で亡くなった多くの方の想いを忘れず、感謝して生きたいと思ってます。今年は亡き父の17回忌でした。

2020/09/17 (Thu) 11:16

アルジェリマン

鎮魂シベリア

>KUONさま、
歌と関係ない記述に間違いがありました。

ビロビジャンは、ハバロフスクの東200キロ・・・の部分。

これは、西200キロが正解でした。

祖父はガンコな明治の男で、無口でした。
10人以上いる孫の中で、「地元を出て行った次男の子ども」なので、
私と妹は冷淡な扱いを受けていました。
とはいえ、ガンコジジイの直系の孫ですし。(^^)
そういうジジイに私は似ているようです。


>あしながおばさんさま、はじめまして。

我が家には、1991年刊行の『月刊Asahi』があります。
鎮魂シベリアー抑留死亡者4万人名簿、です。


ゴルバチョフ氏が来日した折、
ようやくソ連側からもたらされた名簿です。

その雑誌には、当時の写真などもあります。
満州で捕虜となった祖父が送られたビロビジャンについては資料も多いようで、
我々のイメージするただ過酷なだけの生活とは違っていたようです。
とはいえ、十分に過酷ではありますが。

十代前半の名前も多く、「兵」に区分されていますが、
家族で収容された一般人ではないか、と疑います。


三波春夫さんも4年間の抑留生活を生き抜いた人でした。

ご先祖様に、合掌。









2020/09/17 (Thu) 15:47

まめはな

KUONさま

至らないことを書いてしまい、申し訳ありません。
二首目、

・病む父にあたりし幼き日の悔いの今病みつきし我が身を責むる

でお願いします。
お体、本調子でない中、いつも通り丁寧な添削をありがとうございました。
順調に回復されますように。

2020/09/17 (Thu) 19:04
今も夢見る

KUON

あしながおばさん さん

いつも読んで下さっているとか。ありがとうございます。

旨のきしむようなこういった話を、もっともっとお聞きしたいものですが。

国破れて山河あり。なにもかも失われた中にも、こうして、新しい人が生まれ、育って。

お父さまの十七回忌。

皆さま、本当にありがとうございました、の気持ちです。これからもどうぞよろしく。

2020/09/29 (Tue) 21:41

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.