FC2ブログ

くがつのうたのおべんきょう です Ⅰ



一気に秋は来ました。夏は若いんだな~。

うろうろ、およおよしているニンゲンを見向きもせず。そ知らぬ風に秋の顔してる。

涼しいからいいか。いちばんいい季節と言われれば、ま、そうです。気持ちのいい朝、ありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     アルジェリマン

稲を超えヒレタゴボウの黄花咲く 豪雨続きに田は荒れ果てる

(ヒレタゴボウの黄花って。なにか鮮やかな感じですが、がっかり~の情景なのですね。荒れ果てた田の。このままでもいいですが、「豪雨続きに田は荒れ果てて」とするのはいかがでしょう。声に出して読み比べてみて下さい、よかったら。

涼風に蚊取り線香並べ立て草抜きするは秋の楽しみ

(なるほど。かかる楽しみもある、と。並べ立て、がいいです。

黒犬の掘りし木陰の穴うめる 松葉ボウキの筋目涼しげ

大雨に打たれ続けた我が庭にお礼の施肥す 秋彼岸入り


清げなる空き家の高き百日紅 古木の姿夕焼けに映ゆ

その庭は塵ひとつなく清げなり 空き家なれども輝いてをり

(塵ひとつなく清げな」空き家。って、なんで、どうして、と、いつもそう思います。ありえね~、とか。いいな。

     かりそめ

*カメラにて裏見の滝を切り取れば透き通りゐる星雲のやう

*雲切れて金星燦と尖りゐる ロートの底に立ちをる心地

*挨拶に九月なかばの暑さ言ふ秋の模様の雲には触れず

*葡萄棚しづくのやうに実を垂るる 四つ足歩行ためしてみむか

*若者の不安貧窮かろやかに歌になしたり丸き文字にて

(かつて私は、この状況に、激しい嫉妬をしました。ものすごい嫉妬をしました。で、一人でそれを恥じておるのでした。

かりそめさん、余人の手の及ばぬ世界へ行っておられます。どんどん行って下さい、ぎりぎり手の届くくらいに、と、勝手なことを申します。


*歌にさへ季節も恋もなくなりて感情だけが浮遊してゐる

     まめはな

・健やかな人は幸せなりしかな我が症状を無邪気に笑う

・意地悪やわがままなどではありません心の病の症状なのです

・似てるよね心の病も賞応募も先が全く見えないところ

・我意外(われいがい)人みな幸せに見えて風呂の湯に顔つけて叫べり

・この病二十歳に満たず生ずれば余りのごとく我生きて来し

〈「余りのごとく」が、気持ちはわかりますが、あいまいです。本当はここは、もっとずばっと書くべきかなあ。難しいけど、どうされますか。

・神様はお願いきいてくれないな普通に生きたいただそれだけを

・私だけ合格祈願日知らされず連絡係は自転車屋のおばさん


・浮かれきて眠れずにいる夏の夜は祭囃子が耳底に棲む

・夏に冷房ケチったら水飲み過ぎてお腹冷え冷え案の定かな

  明るいお歌が追加できてほっとしました。





スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 3

There are no comments yet.

アルジェリマン

ありがとうございました。

>KUONさま、ありがとうございます。

稲を超えヒレタゴボウの黄花咲く 豪雨続きに田は荒れ宛てて

荒れ果てて、でお願いします。
声に出して読んでみたら、荒れ果ててしまったなぁ・・・の気持ちが感じられます。
荒れ果てる、だと、ただの描写だな、と感じました。

ついに稲の姿は隠れて、ヒレタゴボウも黒ずんで、とても無残な荒れ田です。

ついでながら、清げな空き家の正体をば・・・、
その豪邸の空き家のとなりに、
同じ苗字の表札のかかった洋館風のかわいい家があり、
そこには程よく若い家族が住んでいます。
その苗字は町内でそこだけ、
町内のかなり大きな会社の名前とも一致します。

そういうことかな~、と、
いろいろ想像しつつ、感じのよい空き家と庭を、
サザンカの生垣越しにチラ見し散歩しています。

2020/10/01 (Thu) 08:35

かりそめ

KUONさま
お言葉にとてもびっくりいたしました。
私の解釈が間違えていないのなら恐縮至極です。
KUONさんが設けてくださったこの場とご指導と激励に感謝いたします。

ただすぐ図にのるタイプなので、来月も普通に投稿するように自分によく言い聞かせねばと思っております。

2020/10/01 (Thu) 14:52

まめはな

KUONさま

難しいですが…うーん…

「この病二十歳に満たず生ずれば残り火のごとく我生きて来し」でお願いいたします。

添削、ありがとうございました。

2020/10/01 (Thu) 19:53

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.