FC2ブログ

10月のおべんきょう ラスト、でした。



・まめはな さん::前回、ご自分のいいと思われるように、と申し上げました。それでよかったのではないですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ゴネコ

今日は少し早く帰れそうです。
よろしくお願いいたします。


(ハードワーカー・ゴネコさん。これからは帰宅してそのまま寝てしまいませんようね。ホント、風邪ひいちゃいますから。

できることできないことの線引きが私はそれがうまくできない

(私にもそんな気持ちがあります。なーんか、うまく出来ない。なーんか、人より遅れてしまう。でもきっと、それでいい、そのまんま、行きませう。

「天上の紺つきぬける曼珠沙華」私も立ちたいスックと立ちたい

(大丈夫だ、きっと。大丈夫。

気がつけば足下からは温風がコロナの換気はどうなるこの冬

     白萩

生えかけの歯痒しと泣く子を抱きて今宵仲秋の月を眺むる

父と子に揃いのTシャツ着せ終えてさあ出掛けようGO TO 温泉  
           (私ももちろんお揃いTシャツ)

湯けむりに日々の疲れを癒しませ 美食楽しみませよ我が背

(三人、おそろのTシャツで、親子旅行。すてきです。
ご夫君にかけておられるこの「声」もすてき、ませよ~から「我が背」まで、言葉遣いに含みを持たせて。夫さん、お幸せでしょう、もちろん、お三人とも。


久々に会う友変わりなく嬉し JKの昔にかえるひととき

塩焼きの落ち鮎骨ごと喰らいたる我は一匹の獣なりけり

その腹に卵抱えて喰われる鮎 喰らう我もまた一児の母なり

(一匹の獣、であり、落ち鮎をばりばり食らう一児の母。どの姿もみな、作者。そして、母性に溢れる妻であり、母である。

     かりそめ

・今もなほ山は硝子の塊と思ふことあり幼時のままに

・今ごろは母郷の山の透きとほる麓に家をてんてんと置き

・高圧の鉄塔囲ふ金網の隅に一筋藪枯らしの蔓

・みつしりと重なる雲を押しのけて没日(いりひ)黝(くろず)み業火のごとし

・白鷺の三羽それぞれ歩みをり 互ひの距離を変へることなく

(駄菓子屋さんの存在を、パイしたかったのではありませんでした。あまりにも、はまっていました。200円くらい握りしめて、買いに行きたい・・・。

      玉兎と茜馬

菊がつくレース制して父に続け
なんかよりも無事是名馬

(この一首、まずは。

「なんかよりも」でなく、ほぼそういった意味で

「菊のつくレース制して父に続け
なんて云うより 無事是名馬」

にしてみました。今日、見たんですよ、テレビで。

アリストテレス、でしたか。最後うわ~危ない、てくらい、アリストさんも頑張っていましたが、コントレイル、やっぱり可愛い顔して(ワタシの目には、あどけなくて可愛いの、全力疾走してても)走り切ったのでしたね。

おめでとう。一生懸命に走る姿には、胸が詰まります、涙も出ました。よかった。


     パール

☆浅き眠りショートスリーパーなれば長き夜が辛い秋あり

☆秋風と氷雨に打たれ咲き誇るヘブンリーブルーの青鮮やかに

(寒いだろうに、冷たいでしょうに、鮮やかな青い花・・ヘブンリーブルーの、そのまっすぐな「青」は、咲き盛っている、と。えらいなあ、花は。花も。

☆新しき道を歩める愛し子よ邪魔せぬように母は生きよう

(こういうお母さん好きです。邪魔せぬように。大好きです。きっとお子さんも。


★何もせず有り難がれとこれ如何に要るや?要らぬぞ終われよれーわ

     おてもやん

ギリギリ間に合いますか?

〇誕生日休暇を取って帰省した息子を連れて鹿児島へ行く

〇父と子で黒豚しゃぶしゃぶ食べながら会話も弾みビールもすすむ

※午後に家族旅行から帰宅しました。日記のようなうたになってしまいましたが、皆勤賞ねらいです。

(おてもやん さんのこれ読まれた方が「私も毎月一首でも、皆勤賞を狙お、と」コメント下さいました。それ、いいじゃないかあ、と私は、嬉し笑いしました。


     10月も、皆さま、本当にありがとうございました。



スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 1

There are no comments yet.

まめはな

はい。
ありがとうございました。

2020/10/27 (Tue) 17:13

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.