FC2ブログ

霜月 ラスト



この回で今月は終わりです。今年もあと、ひとつきを残すのみ。さんざんな年でしたが、来年に向け、明るい光を感じられるといいなと思います。きっと、そうなってくれるでしょう。・・・と、なんだかいっちょまえのことを書いてしまいました、おほほ、気持ち、気持ち。私は、おかげさまで胸のどんよりが薄くなって暮らしやすい体調、これで当分、行こうと思っています。ご心配もずいぶん、頂きましたが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     わすれんぼ

四次元の入り口あるや我が家は よく物たちが姿を隠す

(えええ? 。そうなんですか。そういえば、と、わが身のめぐりを・・とか、なります、とぼけた様子で、楽しく読ませていただきました,どこへ、溜っているんでしょね、消えたアレとか、それとか。

テラスより眺める海は地中海 カシニョールの額見つかりぬ

  夏に間に合いませんでした・・・あるべきところにあったのですが、勘違いしていて・・ ヨットレースという題の絵です。

(その絵、懐かしく思い出しました。ある時期、毎日のように通っていた喫茶店の壁に、ありました。マリー・ローランサンとか。いっとき、あちらこちらでお目にかかった気がします。本物ではないが、気持ちに馴染む絵だったように思います。お茶のもか、と向かう場所には、よかったのでは。

バーチャルな旅これほどに充実す ならばと行かむ楽ちんな旅

   体調の悪い日はバーチャルな旅をしていた9月。 個人のブログに丁寧で上手な写真を載せている方たちがいますね。行かなくてもよいかもと思えるくらいです。

(男性ブロガーの方に、写真GJ、な方がおられますね。私もよく、見せてもらっています。美しい写真、すてきです。おいしいお料理の写真もいい、おいしそう過ぎて、うわ~っと部屋を走り回りたくな・・・る、とか、も。ここまで現実的ですと、どうかなあ、と。(笑)(←ですませておいて下さいね)

ダフネ追うアポロンはいと美形なり 若さはかくも美しきかな

           (ボルゲーゼ美術館 ベルニーニ作)

アポロンを拒むダフネの気が知れず 今更なれどギリシャ神話読む

(ええと。どのような絵なのか、恥ずかしながら見当がつかず。ただ思うに、アポロンは、若くて美貌でいささかケーハクなオトコであるとされているので、そのあたりかと。
とはいえ、若くてきれいな男の子を拒み得るダフネーさん、そちらも、いいなあ、とか。(笑)。ギリシャ神話、とっても好きでした、かつて。


外(そと)見ればリハビリ散歩のご老人 暑さに喘げり一声かけぬ

老人の顔輝けり 初めての挨拶交わす秋の日の朝
  
  夏の終わりに家の塀越しに、立ち止まっていたおじいちゃんに大丈夫かと声を掛けました。大きくうなずいて歩き始めたので、しばらく見守って・・忘れていたら、出会ったおじいちゃんの顔がぱあっと明るくなって、大きな声であいさつをされました。

(とっても嬉しかったのでしょうね、そのおじいちゃま(失礼)。明るいことをなさいましたね。
――――――――――――――――――――――――――――――――

山小屋を出でて散歩の足伸ばし つい頂上へひとり向かいぬ

戻り来て見れば仁王立ちのひと複雑顔で我を待ちおり 
             
   高校の山岳部で登った燕岳、山荘に荷を下ろし夕食まで自由時間。
頂上へは翌朝行く予定でしたのに、散歩のつもりがついつい・・・
私が行方不明だったのは約50分。そのときの引率のH先生の顔は今でも思い出せます。
40歳くらいのまあハンサムな先生でした。なぜか軽くしか叱られなかった・・・
写真の片づけをしていて思い出しました。


(それも青春。ですよね?

     パール

     霜月のおうた

☆柔らかき光満ちたる並木路の落ち葉の中にポイ捨てマスク

        (残念)

(まこと残念。

     【ロンドン・ナショナル・ギャラリー展】

☆全集中独りの世界に入り込む音声ナビの優しき声よ

☆milkyway天の川にと成りし絵に母胎の神秘今も感じる
     (天の川の起源)

☆麗しき微笑む顔の眼の奥にマクベス夫人の狂気が視える

     (シドンズ夫人)

☆「ひまわり」は天を仰がず陽も浴びず深き黄色(おうしょく)魅入られ無言

☆密なれど音せず声なく穏やかに過ぎし時間は宝になりて

(こうして読ませていただいて、なんとも言えない思いです。悲しいって書いてしまうと、もっと申し訳ないかな。今年は、体調の都合やコロナなんとかや激暑や何やに理由押し付けて、このような「美しきもの」を鑑賞するゆとりを失って過ごしました。は~あ。でも、おかげさまで、あれかな、あれのことよね、など、見当付けて、探して、自分一人でいたら探しもしないで過ごしたあれこれを、パソコン上で辿ることができました。感謝します。

やはり、美しいもの、に、縁の有る暮らしをしたいです。せっかく生かされているのですから(おや、なんだか殊勝だぞ。)

もう一首ありました。残念ながら「美しいもの」ではない、どんどん遠ざかるものです。本来は、黙っていても、静謐なもののはずですけど、残念、です。


★誰ひとり民の事など考えぬ終われよれーわ令和で終われ

     皆さま、お風邪などお召しになりませぬよう、と、心より願いあげまする。




スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 3

There are no comments yet.

パール

ありがとうございました。

KUON様、今月も ありがとうございました。

本当に、今年は 息苦しく生き辛い一年でした。
それがまだ続きます。
友人が誘ってくれなければ、今年は絵画を観る機会も
持てなかった思います。
素敵な時間を過ごせました。

寒くなってまいりました。
KUON様、皆様、温かいものを召し上がって
暖かくしてお過ごし下さいませ。





2020/11/26 (Thu) 14:21

わすれんぼ

・きちんと整頓されたkuonさんのお宅には四次元ドアはないのでしょうね。うちは30年引越しなしで、もったいないお化けもおりますので・・・。
・カシニョールの絵、ご存じでしたか。一時人気でしたね。あの人は多作でいいかげんなのも多いけど、雰囲気が好きです。 今も地中海の気分を振りまいてくれています。
・アポロンとダフネは彫刻です。ダフネが菩提樹になっていく瞬間が描かれていて、それをぐるっといろんな角度から皆さんが撮影してくれているのでまあ、すごいこと!

パールさんはナショナルギャラリー展に行かれたとか、うらやましい。まるっきり知りませんでした。シドンズ夫人見たかったな。ゲインズバラが好きですが、中でも傑作のひとつですよね。

こんなご時世なので、楽しい、明るい気分を、と心がけています。
現実は、厳しいのですけれどね。
今月もありがとうございました。

2020/11/29 (Sun) 13:38
今も夢見る

KUON

パールさん

本当に今年は、もの思うこと多く、思っても途中でなんとかなってしまい。しかし11月に入った頃から、気もカラダも自分のものになってくれたみたいで。???ながら感謝してる、みたいな。
今夜は、たっぷりと豚汁を作りました。明日のお昼までありそうな。元気出して行きます。

わすれんぼ さん。

喫茶店が沢山あった時代に若者やっていました。若い女性の人物画が多かった気がします。絵も、見に行く機会が多かったです。あれこれ思い出します。ユトリロ観に、毎日通ったり。

あ。カシニョールって、いいかげんな絵もあるんですか? 面白い。あの絵を見に行ったあの時とか、関連して思い出します。いろいろ、思いだすことがいっぱいです。

2020/11/30 (Mon) 18:37

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.