FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 皇室のことなど › 本家は「ちーん」で。
2018-10-16 (Tue) 11:34

本家は「ちーん」で。

<旧公家>山科家30代目「宮廷装束を後世に」 講演会企画

                    毎日新聞2018年10月15日12時44分

ひろい読みしました。文中の行空けはKUONがさせてもらいました。

 明治改元から今年で150年。天皇が東京に移り、皇室の洋風化もあって消えかけた古式の宮廷文化を、京都に残って後世に伝えてきた旧公家の一つが、天皇の側近だった山科家だ。宮廷装束の調達や着付けで朝廷に奉仕する「家職(かしょく)」が明治期に廃止される憂き目に遭ったが、伝統を絶やすまいと継承に尽くしてきた。同志社大経済学部を今春卒業した30代目の山科言親(ときちか)さん(23)も今夏から月1回の講演会を企画し、「宮中伝統の神髄や本質を伝えたい」と語る。

 山科家は藤原北家の流れで、平安後期から鎌倉初期の公卿・藤原実教(さねのり)(1150〜1227年)が初代。後白河法皇から山科新御所(京都市山科区)と周辺を拝領し、家名の由来となった。宮中では大納言など要職に就いた他、朝廷の財政を担い、家職として雅楽の笙(しょう)や宮廷装束の二大流派の一つ「衣紋(えもん)道山科流」を継承してきた。

 だが、明治維新により、装束を宮中に納める「調進」と、身分や儀式に応じて着付ける「着装」の役目が廃絶。明治天皇の洋装化などで伝統的な装束が排除されるようになり、京都で装束に関わる職人も減るなど苦難の時代を迎えたという。京都府などによると、明治以降に途絶えた宮中行事の代表例として、端午や七夕、重陽(ちょうよう)など五節句行事がある。
 それでも、幕末から明治、大正へと公家激動の時代を生きた山科家の25代当主、言縄(ときなお)伯爵(1835〜1916年)が「有職(ゆうそく)保存会」を組織して会長に就き、学者や職人、財界人らに装束など宮廷文化を伝承する活動に奔走。幕末に天皇のお使い(勅使)を務めた経験から、勅使が神社の祭祀(さいし)に出向く「勅祭」がいったん途絶えた後も、再興に力を尽くしたという。

 言親さんは「明治後半や大正期には既に江戸期の宮中儀式のやり方を知っている人が他にほぼいなかった。宮廷文化消滅への強い危機感が当時からあった」と話す。
 言親さんも今年8月から、2020年で築100年となる山科家旧邸宅の旅館「源鳳(げんほう)院」(京都市左京区)で、公家文化や伝統芸能に詳しい専門家を招いた講演会を毎月企画。残された日記や所蔵品を基に、七夕には貴族が織り姫の使う糸を連想させるそうめんを食べていた風習や、蹴鞠(けまり)の場面が入った能を紹介するなど宮廷文化が溶け込んだ伝統や慣習を紹介してきた。
 天皇代替わり儀式などに向け、装束の着付けについて現当主の祖父言泰(ときひろ)さん(93)や父言和(ときかず)さん(60)らから、言親さんは手ほどきを受けて育った。明治維新後の先祖の使命感を持った生き方を知り、「装束の伝統は一度切れたが、苦難の歩みがあって細い糸でつながった。明治維新が日本文化に影を落とした暗部も忘れてはならず、先祖のように今を生きる人に伝えていきたい」と話す。【中津川甫】

若く、秘めて熱きこの元お公家さん、頑張って下さいね、と、ひそやかなるエールを。



華ひらく皇室文化展 —明治宮廷を彩る技と美

10月2日から11月25日まで、京都文化博物館に於いて開催されています。

英照皇太后の見事な袿(うちかけ)は、泉湧寺の所蔵。祐宮像に川島織物の鳳凰、鹿鳴館の肘掛椅子は東宮御所に・・とあれば、反射的に「〇◇□△無事だったかいの?」など思いの飛ぶワタシがイヤ(嘘)。

皇室といえばボンボニエール、何かの折にはボンボニエール、どこやらのドロボーが写りこんだあの、などと、思いの乱れる自分が イヤ(これも嘘(笑))、続いて書きますれば、鳥籠型のボンボニエール、和船型のボンボニエール。

思えばあの日。未だ正気におわせられた今上陛下が、自ら櫓をお手にされて漕がれたのは、悠仁親王殿下をお乗せしてのことでございました。和舟。

悠仁さま、正統なる皇位の継承者たる意味を、あの日、お示しになられたと。そういうことなのだと、画像動画、見させていただきましたのでした。まだ明るく信じておりました。

昭和天皇の「遺品」と銘される七宝の花瓶は、これも、泉湧寺の蔵であると。

泉湧寺は、皇室の菩提寺。秋篠宮ご夫妻がねんごろにお参りを続けておられる、と聞き及びます。

展の開催を告げるポスターにも取り上げられている、昭憲皇太后のドレス。通常礼服、と説明があります。豪華な織り、深々とした紫の色(こんな形容しかできません・恥)、さすがのご皇室の、と思わせる、気品高いお衣装。

孝明天皇のご即位の折のそれも、出ている。天皇以外にまとえないお色の、御衣裳。

でもね。

噂によれば、ナルの即位のなんちゃらは、今上がなされたごときのカタチではなされないとか。まさか、お洋服で、とか。

園遊会もしないとか、きょうおうの儀も、立食形式でやるとか。噂ですが。在り得る。

平成が、勝手に終焉を迎えるという。平成の皇后は無様でいらっしゃいました。その次代の妃も、みごとに無様でいらっしゃる。、そいつを、無理やり、高御座の隣の御帳台に立たせんとして・・・
終わりです、ち~~~~ん。

もっとぼろくそ書きたい。



スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-10-16

Comment







管理者にだけ表示を許可