FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › みんなのうた › 神無月のおべんきょ、2
2018-10-17 (Wed) 19:42

神無月のおべんきょ、2

続き、参ります。

この色が詠草。この色は詞書や詠み人さんからのメッセージ。詠み人さんのお名前です。KUONが書いている部分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     おてもやん

〇八十の母が夢見た舟に乗り人形たちの踊るの眺む

祖母母娘孫の四代での旅行。素敵です。
おうた、このままで成り立っていますが、細かいことを申し上げると、「八十の母」は、「八十歳」と記して、はちじゅう、とルビをふるといいのではないか。うたが丁寧になります。も少し細かく言うと、「踊るの眺む」は、意味はわかりますが、何かぶっきらぼう。「踊るを眺む」にされたら。せっかくの記念のうたになるので。


〇出来たてのはちみつ味のポップコン孫と頬張る夢の国かな

美味しそうや~~。まさに「夢の国」ですね。ここの「かな」は、グッドです。

〇ハロウィンは怖くて好かんと言いながらかぼちゃのパイに舌鼓うつ

身内同士の親しさと体温のようなものが感じられます。「好かん」の方言風味が生きました。

〇耳付きの帽子を被る二歳児と八十歳が手を取り歩く

この一首が、連作中の一等賞。いいおうたです。ホントに。うたが具体的にうたわれ、皆勤の甲斐もあってか、上達されておられます。


     白萩

      初霜月のうた

   〈ハワイ旅行〉

・純白の花びら 芯は薄紅に ハイビスカスは乙女の風情

・道行けるアメ車も何やらチャーミング 虹を描きたるナンバープレート

・その島は虹の島とふ いずこかに必ず虹の橋立つといふ

・狛犬もレイを掛け居り ワイキキの御社(みやしろ)示す日布融合 (ハワイ出雲大社)

・四日間ただひたすらに眺めたり 南国の色した海と空

・太陽にトーストされし夫(つま)の背へクリームを塗る時間も嬉し

端正な正統的なうたを詠まれる方ですが、二首目の「チャーミング」の言葉の使い方など。きちんとこなれておられる。
三首目の虹の島のうた、「とふ」「とふ」と二度続けて・・・「~という」という意味ですが・・・言い伝えの生きる島への憧れを明らかに示されている。そんな島、いいなあと、吐息が洩れるような。個人的に、かつてのゴダイゴの「ガンダーラ」なる歌を思い出してしまいました。あ。ご存じないかしらん?。それにあれは、「ゼイセッドイン インディア」でした。ごめんなさい、です(笑)。

四首目「南国の色した海と空」、ここの句またがりが、声に出して読んで、とても魅惑的でした。

太陽にトーストされた、と詠まれる夫さんへの愛の賛歌。数ミリ外れてしまうと、読む方が恥ずかしい色合いに成りかねない歌を、しっかり、かつ健康的にサラリと詠まれて、素敵。素敵です。

   〈秋〉

・秋雨のひと雨ごとに冷え込みて布団恋しき季節となりぬ

・ブラウスか いやニットか 上着は要るか 今朝も悩めりコーディネートに

・義父釣りし紅葉鯛3キロなりて我が家のシンク一杯となる

義父さま、すごくていらっしゃいますね。新婚のころ、あれを貰いこれをいただきしたのに、うまく料理ができなくて食材に申し訳ないことした記憶がずっしり。

シンクいっぱいの見事なお鯛。どんな風に召し上がったかな、と。おつくりに焼き物に、奮闘されたかな、と。夫さん、お幸せですね。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-10-17

* by おてもやん
ご指導ありがとうございます。声に出すだけでなく、文字にも配慮することが大切なんですね。
清書します。
〇八十歳(はちじゅう)の母が夢見た舟に乗り人形たちの踊るを眺む

* by 白萩
KUON様 ありがとうございます。
次回はもう少しあそびのあるというか、そのような歌も詠みたいです。

鯛は、お恥ずかしながら小さめの魚を捌くのがやっとでして…。鯛の硬い骨も切る自信がなく、夫に捌いてもらいました。夫も私も魚を捌くのは初心者なので、これから少しずつ上達できたらなと思っております。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

ご指導ありがとうございます。声に出すだけでなく、文字にも配慮することが大切なんですね。
清書します。
〇八十歳(はちじゅう)の母が夢見た舟に乗り人形たちの踊るを眺む
2018-10-17-23:57 * おてもやん [ 返信 * 編集 ]

KUON様 ありがとうございます。
次回はもう少しあそびのあるというか、そのような歌も詠みたいです。

鯛は、お恥ずかしながら小さめの魚を捌くのがやっとでして…。鯛の硬い骨も切る自信がなく、夫に捌いてもらいました。夫も私も魚を捌くのは初心者なので、これから少しずつ上達できたらなと思っております。
2018-10-19-22:05 * 白萩 [ 返信 * 編集 ]