FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 七月のみんなのうた おべんきょう その1
七月の「みんなのうた」に詠草をお寄せ下さり、ありがとうございました。

ひと月前に地震があり、何やかやと激しい夏です。

ブログの変更もあったりのなか、おいで下さり、また読んで下さったり、嬉しい限りです。ありがとうございます。

丁寧に読ませていただきました。こうされたらどうか、の思いも記させてもらいます。

この色が詠草。この色が詠み人さんからのメッセージなど。このいろはKUONが書いているところです。詠み人さんのお名前は、この色。


     白萩     

   秋初月の歌

  以前のブログで歌のお呼びかけがないのを不思議に思い、コメントを辿ってようやく参れました。
  地震に豪雨、酷暑と猛威を振るう中で、束の間でも言葉を楽しむ、慈しむ時間を持てることを幸せに思います。


  〈大雨〉

地震 大雨に噴火と神怒る 祭祀は如何に 天皇(すめらみこと)よ

連日の雨 溜まりゆく洗濯物 二人暮らしは量も二倍に

七夕は未曾有の豪雨 天界もかささぎの橋は雨に耐うるか

去年かそのあたりに皇后は「世界も気象の変わりやすい時期になっていますから」みたいなことを、言うておいででした。カッと怒りを覚えました。天皇の妻がそれを言うか、と。
祭祀は皇室の「私的なこと」なのだそうです。そうであるなら、何のためにあの方々が存在せられるか、もうわかりません。
次代の妻に皇后は
「祭祀はできるように(ほどほどに)なさればよろしいのよ」とお墨付きを与えている。
もう、そこ、退いて下さいと。そういうことですね、きっと。

「二人暮らしは量も二倍に」
ご結婚、おめでとうございます。
何もかもが二倍に、いいえ、それ以上のいいことが、これから沢山、ありますね!。


  〈甥の誕生〉

大雨の中 新しき命生まる 澄みしその眼に何を映すや

  〈夏の日〉

猫の目の如く変わるは夏の空 晴れ曇り雨また曇り晴れ

油照り揚羽よろめき飛ぶ 虫も人も暑さに耐え生きる夏

おうたは、狎れた感じでない安定を見せておられると思います。これから歌材には恵まれておいででしょう。たくさん、たくさん、読ませて下さいね。

甥御さんの目に映るものが、澄んで美しいものでありますように。


     パール

  文月のおうた

  お暑うございます。
  こちらに辿り着けました。


⭐早や一年(ひととせ)また巡り来た暑き日に
 思い浮かぶは笑顔の友よ

残された者に歳月は早い。
「また巡り来た」このままで全くかまいませんが、
「また巡り来し」として、「た」の強い音でなく「し」とすっと抜ける感じにされても、鎮魂の思いが増すのではないかな、と思いました。

⭐プランター赤紫の朝顔は
 夏の宿題 観察日記

⭐ひまわりの迷路を駆ける幼子の
 額の汗の清々しさよ

⭐吾子(こ)と共に走り遊んだ公園も
 子の姿なく蝉時雨のみ

忘れがたく愛おしい、過ぎ去った夏の記憶。朝顔の色の「赤紫」。青系の色でないところが、ハッと記憶を揺さぶるのかも。
ひまわりの「迷路」は、幼子の身の小ささをくっきりさせて、そこから抜け出て来た子の汗を「清々しく」させる。
子が幼かった日には、夏の盛りにさえ、ともに走った、駆けた、まさに「疲れを知らない子どものように」あった母でした。
今は、じいんじいん、みいいんみいいん、と、蝉の声のみ。
もうあんなには、走れない?  ・・・


⭐今ならば少しは軽くかわせたきっと
 真っ直ぐ過ぎた若さは残酷

じりじり痛い一首です。「かわせたきっと」は字余りですが、こういう時は字余りが、気持ちの揺らぎを表現してくれることもあります。
「真っ直ぐ過ぎた若さは残酷」自分をきちんと見つめることのできる人間が知る、これは、痛みなのでしょう。


★平(たいら)成(なり)言葉と真逆の三十年
 天地も人も怒りに満ちて

★国民を見事に騙し高笑い
 トロイの木馬に天罰なしや

あのあたりの方々は人の「痛み」を知るや、知らずや。
こんな時期にもまだ、出歩いている皇后。


・・・ごめんなさい、続けて書かせてもらいたかったのですが、今夜はここまでとさせていただきます。

明日は朝から落ち着いて書けると思います、書きたいです。



スポンサーサイト



 *  分類 : みんなのうた
自動通知機能 : -  *  伝言 : 1  *  記事編集  *  2018年07月18日(Wed) 20時21分
ありがとうございました。
酷暑過ぎる毎日です。
ご無理なさいませんように。

一首目
また巡り来た→また巡り来し
で、宜しくお願い致します。
「た」は、やっぱり強すぎるように思います。
「し」の抜ける感じ・・静かに想いを寄せるようで。
ありがとうございました。

KUON様のお詠みになられたおうた
迫力に圧倒されました。
来月も宜しくお願い致します。
2018年07月19日(Thu) 15時15分       編集






管理者にだけ表示を許可する