FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 お二人をお支えする、ってさ。

 それは昨日のことでしたが、秋篠宮家の眞子さまが、お誕生日を迎えられたそうです。

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは23日、27歳の誕生日を迎えられた。国際基督教大学(ICU)時代の同級生、小室圭さん(27)との婚約内定後の一連の儀式が延期される中、この1年間も国内外の公務に励まれた。
 眞子さまは今年7月、日本人移住110周年記念式典臨席などのためブラジルを公式にご訪問。8月に鳥取県で大山開山1300年の記念式典に、今月には福井県で国体の競技観戦や新潟県でトキの放鳥事業開始10年の記念式典にいずれも単身で臨まれていた。
 小室さんとのご婚約は昨年9月に内定したが、正式な婚約となる「納采の儀」前の今年2月に一連の儀式が平成32年に延期された。小室さんは8月に渡米し、3年間の予定でロースクールに留学している。
 小室さん側をめぐっては、週刊誌が昨年末以降、小室さんの母親と元婚約者との間の金銭トラブルを報道。秋篠宮ご夫妻が小室さんと母親に、現状では納采の儀を行うことが困難との考えを伝えられていたことが分かっている。
 宮内庁幹部は「お二人の気持ちを十分にうかがいながら、お支え続けていくということに変わりはない」としている。

お誕生日はおめでたいとして。27歳は大人の年齢ですね。

意地悪を申すつもりはありませんが、人の世にはけじめと言うものがある。白いきれいなお顔、艶やかな黒髪、じじばば様のところへ挨拶に赴かれる車上の内親王さんは、いっときよりもそれらしい御景色とお見受けします。

いつまでも今のようにはおられますまいに。

でも、いつまで、巷塵の。世の中の塵や芥のごとき酷い言われようを容認しておられるのか。イヤですよ、自分たちにはどうしようもないことを、見させられ続けているのは。やりたい放題という言葉がありますが、やられたい放題、されておられるように見え、それは、非常に心地よくないこと。

おそらく「天皇の裁可」なんちゅうもんは、現実にはありませんこと。現在の「皇室典範」に、その文字はありません。女性皇族の結婚に関する項にはありません。

婚約もどき会見の折に「両陛下のお許しを」だか「「祝福を」だか、お受けになったと眞子さんは仰いましたが、それは。お許しでも祝福でも、あの時点の女帝さんはお出しになられたでしょうよ。ご夫君だって「みったんの言う通り」だったでしょうよ。常のごとくに。

裁可がどうとか。錦の御旗にはなり得ないかと。もし、もしも本当にそんなものがあるとしても、現状を見る限り、本気でする気になってでき得ないことが、ご皇室の皆さまにとって、ありましょうか。どんな風にでも塩梅して、譲位、なんてことまでやってしまわれる。婚約もどきのひとつ、どうにでもおなりでしょうに。

長引けば、品が下がるのみ。水蜜桃はすでに、指の跡くろぐろと黝ずんでまいりましょうのみ。

宮内庁の言いよう聞いて、がっくりとなったのは一人、私のみにてはございますまい。

 宮内庁幹部は「お二人の気持ちを十分にうかがいながら、お支え続けていくということに変わりはない」としている。


お二人の気持ち、ですと。ではでは民の気持ちは。納税者の気持ちは。幼い頃より微笑ましくお見守り申し上げて来た(こういうことも一応、ここに書いておきます)、そういう気持ちは。

ふざけるな、と、またしても吐き出したい思い。支えんでいい。支えてやる根拠がない、この話には。

佐藤愛子さんの「九十歳。何がめでたい」面白く読了しました、で、眞子さま、眞子さん、

二十七歳、何かめでたい?  など、不埒な思いが胸よぎり。

大人でしょう。27歳。大人ですよ。無理か。

スポンサーサイト



 *  分類 : 皇室のことなど
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2018年10月24日(Wed) 16時46分
KKさまの母方の家系は寺の一画の3畳間だけの家に、家族全員が暮らしていました。
そんな身分の男が内親王に結婚を結婚を申し込む。身の程知らずの限度を越えています。
それを嬉しく受諾する内親王とは……KKの品性素性の賤しさに呼応する内親王とは……
内親王としての矜持はないのか……

KKは帝国ホテルの結婚式その他諸々の費用などはどうするつもりだったのでしょうか?
全額を皇室離脱の一時金で賄おうとしていたのか。もちろんそうでしょうね。

天皇の裁可は重要とは思えないのに、秋篠宮は、曖昧な表情を浮かべたまま破談を
決断しようとしません。

二人の気持ちがそんなに大切なのですか?見たくもない不愉快な劇を延々と見せられる
国民たちの気持ちと使われる血税は……




2018年10月25日(Thu) 01時28分       編集
小室さんとの恋愛に夢中だった時には、臆する事なく俗にいうケバイお化粧でした。幾分ナチュラルになって来ています。言いたくはありませんんが、雅子妃同様シャンプー1本に1万円以上かけられているとか・・その長い御髪に。
皇室に対し望む事は、わたくし達の目に見える範疇では上品に振る舞って頂きたい。それさえも無理でしょうか?
2018年10月25日(Thu) 10時16分       編集
・茉莉茉莉さん

重大なミステイクですよ。KKに「さま」は不要ですよ~。(笑)。

母方の家系がいわゆる「寺こじき」だったからではない。いま現在の生き方そのものが、人でないヤカラだから。人らしい部分が全く感じられないから「さま」は要らんのです。断言。まさこさんとやらにも「さま」はつけない。妖怪変化のばばさんにも。あの人たちを、私たちはどうにもできないのだから、せめて「さま」はつけんぞ、くらいの。ミジンコの意思表示であります。

ね。

内親王の矜持。私もかつてはそんなこと、思うておりましたわいな~。

無いよ。ありません。悪気とは思わないが、妙に「気さく」になろうとしておられて、それが「媚び」にしか見えなくて、本人は気づいていない。最悪の「降りてきよう」です。見ていられない、表情まで出ています。あまり言いたくないけど。眞子さんのことよくないように書くと、絶対わたし、イヤな目にあう羽目になるから。まっすぐ見たら、わかるはずと思うんですが。真面目で頑固なお方は、お気の毒だが難しい。アタマよくないとよけい、そうですね。もったいない、稀に見るような、においたつがごとき時期のあったお方ですのに。

・さと子さん

無残な思い、同じかもしれませんよ。外国へ出て行かれても堂々とされて、立派な内親王様でいらした。

あの男に関わって、みごとに汚れてしまわれて。完璧な被害者ではないですよね、あれが、離れがたい男になったのですから、男女のえにしは、どちらかがどう、なだけではないです。合わないものは、どうしたって合わないものです。早くに断ち切ることができれば、また、汚れようもマシだったかも。そこはそう思っています。

Kみたいなクズな男がいるのです、女の気を引くのがうまい、指のさきいっぽん、ちょっと肩にでも触れれば、ドキンとなっちゃうような男が。見た目だけでもマシなら「・・」ですが、あの見た目、ホントに、なんとも・・。ブサイクでも魅力のある男もいるのに。お姫さまだったことが裏目に出てしまって。

偽物説を、いっとき、もしや?とも感じましたが、Kとのビフォー・あんど・アフターってことと思う。硬く固く固められていた砂糖菓子が、崩れてしまった、と、そういうことと思う。品(しな)下られました。

一万円のシャンプー。ほお。ほお、としか言葉がありません。ばかババさんにも似てしまった?。まさこは論外です、何しても・・です。

>皇室に対し望む事は、わたくし達の目に見える範疇では上品に振る舞って頂きたい。
>それさえも無理でしょうか?

いやあ・・。そこまで国民が、譲歩してへりくだって皇室さまにのぞまなければならない理由って、あるのでしょうか。私はこのごろ、なんでそんなこと、という気に、なっています。困った気さえ、してしまっています。気持ちが冷えて。





2018年10月25日(Thu) 21時04分       編集






管理者にだけ表示を許可する