FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 皇室のことなど › 渺渺と秋の
2018-10-26 (Fri) 22:07

渺渺と秋の

靖国神社新宮司に山口建史氏 皇室批判報道の小堀氏退任

 靖国神社は26日、小堀邦夫宮司(68)が31日付で退任し、後任に学校法人皇学館常務理事の山口建史(たてぶみ)氏(70)が11月1日付で就任すると発表した。靖国神社によると、山口氏は皇学館大卒。熱田神宮などをへて、神社本庁財政部長などを歴任。2004年から15年まで靖国神社の権宮司を務めていた。
 退任する小堀宮司をめぐっては、神社内の研究会で「陛下は靖国神社をつぶそうとしている」などと皇室批判をしたと週刊誌で報じられ、宮司本人が陳謝のため宮内庁を訪れ、退任の意向を伝えていた。(朝日新聞)

・・・・・・

一部で「皇室批判」報道、靖国神社宮司が退任

 靖国神社(東京都千代田区)は26日、小堀邦夫宮司(68)が31日付で退任し、第13代宮司に学校法人皇学館常務理事の山口建史氏(70)が11月1日付で就任すると発表した。
 靖国神社によると、小堀宮司は6月に同神社で開かれた会議で、天皇陛下が即位以来、一度も靖国神社を参拝されていないと述べ、陛下が続けられている戦没者慰霊の旅を批判するような発言をした。この内容が一部週刊誌で報じられた。(読売新聞)

・・・・・・

   もの言ふてくちびるともに首斬られ渺渺と秋の風のなかなる

渺渺は、びょうびょう、と読みます。うたのなかでは「べうべう」になりますか。

絵として思い描いたのは、ビアズレーの「サロメ」です。腹の立つことに自分に従おうとしなかった預言者・ヨカナーンの、首を落とさせた。権力を持つ女ですから、サロメは。

邪な思いを向けて相手にされず。それが許せずに屠った男の首を、円卓に置いて眺めるサロメ。
ヨカナーン(ヨハネとも記す)の髪をつかんで、その首をぶらさげて、踊り狂った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                           
>「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ。そう思わん? どこを慰霊の旅で訪れようが、そこには御霊はないだろう? 遺骨はあっても。違う? そういうことを真剣に議論し、結論をもち、発表をすることが重要やと言ってるの。はっきり言えば、今上陛下は靖国神社を潰そうとしてるんだよ。わかるか?」

「あと半年すればわかるよ。もし、御在位中に一度も親拝(天皇が参拝すること)なさらなかったら、今の皇太子さんが新帝に就かれて参拝されるか? 新しく皇后になる彼女は神社神道大嫌いだよ。来るか?」



スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-10-27

憂うべき日本の現実 * by 長屋の爺
こんばんは

この一事をもってして、日本の皇室問題と神社庁・宮内庁の腐敗、靖國の無力さが窺い知れます

この問題が起きる前に秋の例大祭に出向こうと計画していましたが、取りやめました

靖國は神社庁とも国家からも一線を画すべきかと・・・

誰のための靖國の杜であるのか・・・その一言に尽きますね。


このような日本人たちの戦後のために、御魂は尊い命をささげたのかと思うと

怒り以上のものが込み上げてまいります。

* by たまき
この宮寺さんの声が世間に出てから馘首されるまでの時間の短さ。

あの一本眉が絶対に一枚かんでると、
そう思うのは私だけではないだろう。

* by 黒猫アビ
KUON様

こんにちは。
今月は18日に靖国神社参拝に行ってきました。
お皿さんの「A級戦犯発言」から、心の底から怒りがこみあげ靖国神社参拝を
するようになりました。
御朱印帳を受け取る際に巫女さんに
「小堀宮司さん退任とても残念です!大事なことを話したのに・・・」
と言いました。
当然、返事はありませんでしたが
平成最後の年にお皿さんの権力行使のような行動が、皇室に対する不信感に
つながる事になると、考えもしないでしょうが・・・!
腹の立つことばかりです。





一本眉の陰謀 * by ラピスラズリ
風邪くらいでは痛々しさを演出して自愛を振り撒くのが常なのに今回は早々とすっこんでしかも何日も出てこないからきっとなにかまた良からぬことを企んでいるなと思っていたら宮司さんの電撃的な詰め腹辞任の発表でこれだったかと思いましたわ。
陰で暗躍したことは間違いないと思う。

いつも倒れて見せては自分の思い通りに操る。しかも毎回成功する。
憤る気持ちは少数派である限り皇室と日本は底なしの転落に向かっていくでしょう。

しかもその直後に誕生日文書に多分意図して書かれた探偵小説のうんぬん。
これが予想外の効果を生み出しお茶目なあてくしの演出がまたも奏功し、宮司への仕打ちへの心ある人々からの疑惑の視線を見事封じたかにみえるのが腹立たしい。
悪知恵の回ることは類を見ない稀代の性悪女優だわね。

この使い分けでいいように皇室と世の中を牛耳ってきたが一寸先は世の習い。
さてどんな結末が待っているかは誰にも分からない。
人を呪わば穴二つとも言いますしね。
生きたまま業火に焼かれ続けろと思うほどの悪人だわ。

* by KUON
お返事遅くなりました。

・長屋の爺さん

連れて行ってもらって、大阪の真ん中あたりにある「真田山旧陸軍墓地」の近くに行って来ました。いまは近くまでしか行けない状態でした。

「 台風21号の暴風雨で、日本最古で最大とされる「真田山旧陸軍墓地」(大阪市天王寺区)で木々や墓石が倒壊する被害が発生していたことが8日、分かった。損傷を受けた墓石は数十基あるとみられ、現在は立ち入りが禁止されている。
 同墓地を維持する民間団体「公益財団法人真田山陸軍墓地維持会」(事務局・タカラベルモント)によると、明治時代の西南戦争から日清、日露戦争、先の大戦などで戦死した旧陸軍将兵らの約5100の墓碑がある。」

何とも言えない静かな・・忘れ去られたようでもある、墓地です。その時々の「兵隊さん」たちは、上のお方の命令に従って、たった一つの命を賭されたのですね。戦いたくも死にたくも無かったと思う。

靖国神社では、お国のために、とか、陛下のために、とか、駆り出されて。戦死と言うより病死、もっと言えば餓死、での終焉が多かったと。で。靖国で会おう、とか、本気かどうか、ともかく、そう言い合うことが、理不尽なあれこれに覆いかぶさってくれたのは、本当だったと、私は思うのです。うまく言えませんが。命絶えたらすぐに、みたまは、靖国へ飛ばれたのだろう。そのことを想う。

その靖国の、この体たらく。

>のための靖國の杜であるのか・・・その一言に尽きますね。


・たまき  さん

>この宮司さんの声が世間に出てから馘首されるまでの時間の短さ。

>の一本眉が絶対に一枚かんでると、
>思うのは私だけではないだろう。

はいそうです。私もそう思っています。

この国はいま、美智子独裁国家か。あり得ない対応の素早さでした、お風邪を召してお休みして、の間に、疾風怒濤の早業で、残しておいてはならない(と、あの妖怪が思う)存在の、消滅作戦。

天皇が誰であろうと、裏で何でもやるつもりですか。神さまなんか怖くも無いし、ゆえに惧れも無い、あの。

お腹が煮えくり返ります。


・黒猫アビさん

>朱印帳を受け取る際に巫女さんに
>小堀宮司さん退任とても残念です!大事なことを話したのに・・・」
>言いました。
>当然、返事はありませんでしたが

返事は・・そうですね、無いでしょうね。巫女さんのアルバイトしていた若い女性を(奈良の方で)何人も知っていましたが。仕事と割り切っていましたね、疑問は持たないように、モンダイ起こさないように。それが「賢いやり方」と、思っているみたいに。随分時間が経って、あ、と、理解した人もいたようです。当時は「文句つける人がいた=イヤなひと」としか受け止めなかったことを、思い出して。

そういう人も、中には稀にいる・・アビさん、よくぞ言って下さいました。遠い地のミジンコくおん、感謝を申し上げます。


・ラピスラズリさん

>この使い分けでいいように皇室と世の中を牛耳ってきたが一寸先は世の習い。
>どんな結末が待っているかは誰にも分からない。
>を呪わば穴二つとも言いますしね。
>生きたまま業火に焼かれ続けろと思うほどの悪人だわ。

あのう・・最後のとこ、過激中の過激で、ヘタレくおん、どうしようかしら、と震えましたが。考えてみると、同じように思います、あのお方のせいで、まっとうな、潰されたお一人お一人の、死屍累々。後にならなきゃ真実は判らないのが常ですが。

穴ぼこ掘って埋めたとて、数が多けりゃバレまする。

天皇の妻でありながら、神を畏れぬ不届きもの。腹が立ちすぎて、うまく何も言えないです。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

憂うべき日本の現実

こんばんは

この一事をもってして、日本の皇室問題と神社庁・宮内庁の腐敗、靖國の無力さが窺い知れます

この問題が起きる前に秋の例大祭に出向こうと計画していましたが、取りやめました

靖國は神社庁とも国家からも一線を画すべきかと・・・

誰のための靖國の杜であるのか・・・その一言に尽きますね。


このような日本人たちの戦後のために、御魂は尊い命をささげたのかと思うと

怒り以上のものが込み上げてまいります。
2018-10-26-23:48 * 長屋の爺 [ 返信 * 編集 ]

この宮寺さんの声が世間に出てから馘首されるまでの時間の短さ。

あの一本眉が絶対に一枚かんでると、
そう思うのは私だけではないだろう。
2018-10-27-04:40 * たまき [ 返信 * 編集 ]

KUON様

こんにちは。
今月は18日に靖国神社参拝に行ってきました。
お皿さんの「A級戦犯発言」から、心の底から怒りがこみあげ靖国神社参拝を
するようになりました。
御朱印帳を受け取る際に巫女さんに
「小堀宮司さん退任とても残念です!大事なことを話したのに・・・」
と言いました。
当然、返事はありませんでしたが
平成最後の年にお皿さんの権力行使のような行動が、皇室に対する不信感に
つながる事になると、考えもしないでしょうが・・・!
腹の立つことばかりです。




2018-10-28-16:20 * 黒猫アビ [ 返信 * 編集 ]

一本眉の陰謀

風邪くらいでは痛々しさを演出して自愛を振り撒くのが常なのに今回は早々とすっこんでしかも何日も出てこないからきっとなにかまた良からぬことを企んでいるなと思っていたら宮司さんの電撃的な詰め腹辞任の発表でこれだったかと思いましたわ。
陰で暗躍したことは間違いないと思う。

いつも倒れて見せては自分の思い通りに操る。しかも毎回成功する。
憤る気持ちは少数派である限り皇室と日本は底なしの転落に向かっていくでしょう。

しかもその直後に誕生日文書に多分意図して書かれた探偵小説のうんぬん。
これが予想外の効果を生み出しお茶目なあてくしの演出がまたも奏功し、宮司への仕打ちへの心ある人々からの疑惑の視線を見事封じたかにみえるのが腹立たしい。
悪知恵の回ることは類を見ない稀代の性悪女優だわね。

この使い分けでいいように皇室と世の中を牛耳ってきたが一寸先は世の習い。
さてどんな結末が待っているかは誰にも分からない。
人を呪わば穴二つとも言いますしね。
生きたまま業火に焼かれ続けろと思うほどの悪人だわ。
2018-10-28-16:47 * ラピスラズリ [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る 

お返事遅くなりました。

・長屋の爺さん

連れて行ってもらって、大阪の真ん中あたりにある「真田山旧陸軍墓地」の近くに行って来ました。いまは近くまでしか行けない状態でした。

「 台風21号の暴風雨で、日本最古で最大とされる「真田山旧陸軍墓地」(大阪市天王寺区)で木々や墓石が倒壊する被害が発生していたことが8日、分かった。損傷を受けた墓石は数十基あるとみられ、現在は立ち入りが禁止されている。
 同墓地を維持する民間団体「公益財団法人真田山陸軍墓地維持会」(事務局・タカラベルモント)によると、明治時代の西南戦争から日清、日露戦争、先の大戦などで戦死した旧陸軍将兵らの約5100の墓碑がある。」

何とも言えない静かな・・忘れ去られたようでもある、墓地です。その時々の「兵隊さん」たちは、上のお方の命令に従って、たった一つの命を賭されたのですね。戦いたくも死にたくも無かったと思う。

靖国神社では、お国のために、とか、陛下のために、とか、駆り出されて。戦死と言うより病死、もっと言えば餓死、での終焉が多かったと。で。靖国で会おう、とか、本気かどうか、ともかく、そう言い合うことが、理不尽なあれこれに覆いかぶさってくれたのは、本当だったと、私は思うのです。うまく言えませんが。命絶えたらすぐに、みたまは、靖国へ飛ばれたのだろう。そのことを想う。

その靖国の、この体たらく。

>のための靖國の杜であるのか・・・その一言に尽きますね。


・たまき  さん

>この宮司さんの声が世間に出てから馘首されるまでの時間の短さ。

>の一本眉が絶対に一枚かんでると、
>思うのは私だけではないだろう。

はいそうです。私もそう思っています。

この国はいま、美智子独裁国家か。あり得ない対応の素早さでした、お風邪を召してお休みして、の間に、疾風怒濤の早業で、残しておいてはならない(と、あの妖怪が思う)存在の、消滅作戦。

天皇が誰であろうと、裏で何でもやるつもりですか。神さまなんか怖くも無いし、ゆえに惧れも無い、あの。

お腹が煮えくり返ります。


・黒猫アビさん

>朱印帳を受け取る際に巫女さんに
>小堀宮司さん退任とても残念です!大事なことを話したのに・・・」
>言いました。
>当然、返事はありませんでしたが

返事は・・そうですね、無いでしょうね。巫女さんのアルバイトしていた若い女性を(奈良の方で)何人も知っていましたが。仕事と割り切っていましたね、疑問は持たないように、モンダイ起こさないように。それが「賢いやり方」と、思っているみたいに。随分時間が経って、あ、と、理解した人もいたようです。当時は「文句つける人がいた=イヤなひと」としか受け止めなかったことを、思い出して。

そういう人も、中には稀にいる・・アビさん、よくぞ言って下さいました。遠い地のミジンコくおん、感謝を申し上げます。


・ラピスラズリさん

>この使い分けでいいように皇室と世の中を牛耳ってきたが一寸先は世の習い。
>どんな結末が待っているかは誰にも分からない。
>を呪わば穴二つとも言いますしね。
>生きたまま業火に焼かれ続けろと思うほどの悪人だわ。

あのう・・最後のとこ、過激中の過激で、ヘタレくおん、どうしようかしら、と震えましたが。考えてみると、同じように思います、あのお方のせいで、まっとうな、潰されたお一人お一人の、死屍累々。後にならなきゃ真実は判らないのが常ですが。

穴ぼこ掘って埋めたとて、数が多けりゃバレまする。

天皇の妻でありながら、神を畏れぬ不届きもの。腹が立ちすぎて、うまく何も言えないです。
2018-10-30-21:29 * KUON [ 返信 * 編集 ]