FC2ブログ

独特の一族の

文字ばかりのブログになっていて、ごめんなさい。

ニューオータニの守谷新ご夫妻の披露宴の動画を、見ました。

新婦はピンクのドレス、新郎のお母さま由来のシルクと言うことで、小さなレースの花が散りばめられていて、きれいなドレス。ティアラをつけておられて、シンプルなデザインのティアラなのですが、結構な大粒の大きなダイヤモンドがいっぱい。煌めきのすごい宝冠です。非常に堂々と落ち着いておられて、ティアラに負けていない。ずっと笑顔でした。降嫁したとはいえ、ナルさん(隣の席にいた)にうなずいたり、最上の笑顔を向けたり、「高円宮家のお嬢さま」の自覚ぱりぱり。とお見受けしました。

新郎の慧さんは、ノーブルな感じ変わらず。目の前にナルさん、右側に安倍首相、ってな位置で、ビビった風もなく、しかし今までに経験されたこと無かったであろう、特別な立場の花婿さん、の役割を、なかなか自然な感じでつとめておられて、ご立派に思えました。

雅子が今回も遅刻した、とは、報じられていない、ので、まともに来たのか。臙脂というか赤っぽいドレスで、アタマはアップで。まったく存在感無いながら、中座せず座っていたのでしょうか。

(見直したら、新郎新婦と共に入場のまさこはん、けんめいのニタニタぶりで、一秒ごとに小さくアタマ下げ続けています。自信がおありでないのね。絢子さんは、まさどんの方を、私感ですが意地でも見るもんか、の形相で。違う方向に笑顔向けて。あ、あ、やっぱりこうなのね、と。巷ではああいう感じを「無視」といふ。現れるタイミングが常識外れのバカ夫婦に、腹が立ったのでしょう、それはわかる、でも絢子さん、ナルには最大限の笑顔ですのにね。

慧さんはまさこさんを、これが噂の次代妃なのか、これがぁ、と、あれこれご存知の表情で見つめておられました‥私感ですが(笑)。)


ナルが挨拶している間、安倍首相は、にこりともせず凝視していた・・・と、私の目には見えていました。

なるひと氏の挨拶は、例のごとく「雅子が」「愛子が」の垂れ流し。世界に誇るべきメガ馬鹿。みごとなまでのバカタレ、潔いまでのアホンダラ。あれを我慢して行くのが、あのあたりの生きる道、なのか。

アレが、自分らの後をちゃあんとやって行くと信じられるとお言いか、女帝丙下。


後ろからしか見えにくい動画のなか、御親戚がたが、沢山。近衛寧子さんと、おそらく御子息も。裏千家のご夫妻に、黒田ご夫妻。清子さまの隣に眞子さんがおられました。ミントグリーンの,きれいな色のドレス。テーブルは違いましたが、秋篠宮ご夫妻もおいででした。千家典子さんも、おられた・・うつむいておられました。

よくわからなかった、けっこうぎゅうぎゅう詰めに、来賓の方々、お座りで。

紀宮さまの結婚披露宴が、どれだけ簡単なものだったか、思い出してしまいました。七つも八つも、それはないのでは、ということがあったような。

で。あえて言うイヤミその他ではなく。

守谷さんは、経験の無いなら無いままに、普通に一所懸命に、その独特の一族の集いの中に身を置いておられた。おそらく宴の後の身内話の中で貶められることは、あまり、無いように思われます。私の勝手な思いよう、言いようではあります。

誰にでもそれ、できることではないだろうなあ、と、改めて感じた次第です。あの男では、始めから、無理なのです。早いうちに思い知らせてあげるべきだったのではないか、と、私は考えています。無理なものは、無理。こじらせないやり方だってあったかも知れないのに。

・・・市井の家族のしているように、絢子さんは今後、抵抗なく実家に出入りするのだろうな、とも思いました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

SECRET

茉莉茉莉慧と圭

新郎の慧氏は、あの独特な席にいても表情も緩やかで、きちんとした姿勢を自然体で
保っていた。やはりある一定以上のエリート層の環境に育った青年の立ち振舞いです。

もしあの席で野良犬圭が新郎としていたとしたら、場違いで目を覆うほどの惨状だった
事でしょう。

不思議なのは、秋篠宮が母親の元婚約者への借金400万円を返せと厳命しているのに
絶対に返そうとしない。400万円はどうにかしたら決して返せない金額ではない。 
それでも借金を返そうとしないその頑なさが不気味だ。

醜男でも男性的魅力があり惹き付けるオーラがある男がいるが、タカり圭は男性的に
貧弱すぎて、その魅力もない。眞子さまが何処に惹かれているのか皆目分からない。

KUONさんの文章「水蜜桃はすでに、指の跡くろぐろとくろずんでまいりましょうのみ」
KUONさんはやはり歌人詩人です。文章の感覚が素晴らしいです。
(くろずんでの独特のくろが漢字変換出来ませんでした)

2018/10/31 Wed|01:29|URL|EDIT

白萩披露宴の感想

披露宴の模様が一部テレビ中継もなされたようでございますがあいにくリアルタイムでは観られず、インターネットにあげられた動画や写真を切れぎれに観ております。

ナルさんの挨拶、あれは挨拶でしょうか…?
やたらと「愛子」「雅子」が目立ちました。このような場ではせめて「娘」「妻」でよいではありませんか、ナルさん?
挙句新婦の名前を「愛子さん」と言い間違える始末。大変お粗末でございました。
口調も辿々しく、またどことなく上すべりで、これが秋篠宮殿下が挨拶されるのならばきっとビシッと決まるのになあと考えておりました。

眞子様、同じ「ケイ」でも素養が違い過ぎます。本当に祝福されて結婚するという様子を間近でご覧になり、KKとの婚約破棄の決断をなさいますよう。

2018/10/31 Wed|12:59|URL|EDIT

温泉郷結婚披露宴

高円宮家は久子様、承子様、千家典子さんご出席。
三笠宮家は百合子様、彬子様、瑤子様ご出席。信子様ご欠席。(皇室7daysによる)
常陸宮家は華子様ご出席。
秋篠宮家はご夫妻と真子様ご出席。
東宮はご両人出席。

披露宴の様子をテレビで見た印象は、地味な部屋に招待客がぎゅうぎゅう詰めというものです。隣のテーブルの椅子どうしが接近していて食事しにくそうで、カーテンもグレーっぽくておめでたい部屋のしつらえには思えませんでした。(まったくの私見です。)

絢子様が笑顔だったのが好印象でした。
ティアラは久子様のを借りたと、どこかで読みました。
華子様がお元気そうでうれしいです。

2018/10/31 Wed|17:48|URL|EDIT

KUON

・茉莉茉莉さん

なんだかバタバタしていて、今日はようやく「紅茶とフィナンシェの朝」を迎えていました。薔薇まで飾っていられたらいいのですが。(笑)。イチジクのフィナンシェ、頂き物です、期間限定とか・・で。私が無粋にバリバリ食っちまうのが勿体ないような・・とか言いながら、あまりの美味に、たくさん食べてしまいました。アンリ・シャルパンティエ、という名の、お店のです。夢のように美しいケーキや焼き菓子が、いっぱい。ごくたまぁに、夢のお菓子屋さんへ行くと、単純な話、気持ちがとてもゆったりする気がします。ケーキの店には「女子のココロ」まで売っているか(笑)。

>それでも借金を返そうとしないその頑なさが不気味だ。

いやあ、そこ。お金を借りて平気で返す気の皆無な人間も、おります。実は義弟もそうです。大きなことばっかり言って、さもホントみたいに無理なことでも引き受けて成し得ず、レイッツビー、とか平気で口走って、誠意とかそちら方面の気持ちなんか、一ミクロンも無い。イヤなこと口にしないし「優しそう」なので、一時的にモテたりする。でも、各局は、カス。クズ。私未だに後始末しています。アレ見た時、そういう匂いを感じた・・ホントの初期には、まだ、いい方の考えもありました、眞子さんが「好き」なのなら、どこか何か「いい」のだろう、とか。そんなアマイモンではなかった、義弟の方がまし、根っこはアホほどお人好しなとこがあって。

でも。悲しいかな、ブラックホールに吸い込まれた、みたいなアヤマチみたいな「青春の誤爆発」があるのね。

>醜男でも男性的魅力があり惹き付けるオーラがある男がいるが、タカり圭は男性的に
>貧弱すぎて、その魅力もない。眞子さまが何処に惹かれているのか皆目分からない。

ここも、イヤイヤ、だ。悪食食い、なるものがある。ある。あくじき食い。純真に育った女の子には「ワタシがわかってあげなければ」の罠がある。

眞子さん圭の事では、私がいちばん「むむむむ」なのは、圭が、どんだけいっぱい「あかん」奴でも、どこかに、そんな奴でも,ほんまにあの方のこと、好きだったんだなあ・・・バイバイしかないけど、どっかでシアワセになってね、とか思えるようなものが、何も感じられないこと。圭は単に、お金その他目当て。そこが、見ていて何とも。女の子の方が、気づかないなんて、こんな話あっていいものか、と。そのあたりが。非常にもやもやしています。ほんま腹立つ。



2018/11/01 Thu|13:41|URL|EDIT

KUON

・白萩さん

〉ナルさんの挨拶、あれは挨拶でしょうか…?

愛子雅子愛子雅子。聞きたくないっての!。

ううむ。挨拶・・そんな態のものでは無かったと思います。あの場にいた全員、心中「・・・」だったと思われます。でも、あれはああだから、ね~と。流されたか。初めて出会ってしまった新郎さんの、怪訝と言うか不思議と言うか、言うに言えぬ???マークの転倒しまくった表情が、あの「挨拶」はじめ、次代の天さんだというナルへの感想では・・。安倍総理は、隠しもせず。激しい侮蔑の思い断ちがたく、険しい目つきでナル氏を凝視。何をやらかしたか、あのダンナに相応のツマに対しても、同じく。

新郎新婦の前を遮っての入場。どこやらでは擁護の文面も踊っておりましたが、あれは非常識そのもの。あの挨拶も同じく。バカ丸出し、バカそのもの。新婦が笑顔でいらしたのは、その場での慮りか、次代の最高権力者へのつなぎ目と判断されてか。

どちらにしても、失礼極まりない。あれを、半年後には、仰げと宣すられたもうか。

>本当に祝福されて結婚するという様子を間近でご覧になり、KKとの婚約破棄の決断をなさいますよう。

眞子さん、何事もなさげに清子さまと話しておられました。やっぱり口元、変です。清子叔母様も、何も言ってあげられないのか。不可思議な世界です。何がどうでも聞くものか、の域におられるか。慨嘆を禁じ得ません。


・温泉郷さん

>披露宴の様子をテレビで見た印象は、地味な部屋に招待客がぎゅうぎゅう詰めというものです。
>隣のテーブルの椅子どうしが接近していて食事しにくそうで、カーテンもグレーっぽくておめでたい部屋の
>しつらえには思えませんでした。(まったくの私見です。)

同じ思いでした。ひゃあ、ぎゅうぎゅう詰めやあ、と。あのホテルなら(多分他のホテルでも)もう少し何とかなりそうな、とも。フレンチが振舞われた、とありましたので、下品な計算、お一人ごまんえんくらいか。でも、あの狭さって。

新郎新婦とナル夫婦がほぼ同時に入場って、どういうことよ、めっちゃ狭くて、それもぎゅうぎゅうでした。慧さんと絢子さんは、基本笑顔で。慧さんは32歳、社会人歴もそれなりでいらしたとなると、友人知人の披露宴などにも何度も出ておられるでしょう。その目に、ナルやまさこの在りようは、よほど奇々怪々だったような、お顔付でした。

華子妃殿下も、けっこう端っこにいらっしゃったのでしたね。変わらぬ穏やかなご様子で。翌日のテレビで、清子さまと話す眞子さんを紹介して「お隣の方に・・・」と言っていて、一瞬アタマが煮えたのでした(笑)。隣の方って。

ついでに書くと、某さいとのコメントに、絢子さんの装束を評して「使い回しかよ」とあって。呆然となりました。旧いお家では、結婚式の際に、祖母や母親のまとった衣装を用います。普段にもそれはあります。

絢子さんのティアラは、久子さんのネックレスのようなのですね。グッドアイディアと思いました。若い皇族の方々のティアラが、デザインはどうか知りませんが、なにかちゃちな感じがしていて、あの大きいダイヤはやっぱり、シンプルに、きれいだな、すごいな、と、感じたのでした。ティアラをつけてどうのこうの、そういうことは、感じませんでした。

じわじわと迫りくる何かについては、後に書こうと思います。百合子さまは、お嬉しくいらしたでしょうね。100歳近くなられても、お見掛けするときは妃殿下らしく、「妖怪」には思えません。お腹のうちは見えませんしね。


2018/11/01 Thu|14:21|URL|EDIT

ラピスラズリ披露宴ー主役以外の人々についての感想

まず入ってきた皇太子の妻に目が行きました。
ペコペコへこへこのべつまくなしに頭を上下させて誰にお辞儀や挨拶をしていたの?
ナルでさえしずしずと入ってきたのに。
のっけから落ち着きなく品格も貫禄もなくとても次期皇后になる時が迫っているとは見えない。
とても人前には出せない状態ではないのか、目を背けたくなった。
期限良く最後まで座っていられたのか疑ったけど席順を見て納得。丁度目の前に守谷さんがいた。
恥も外聞もなく目が終始守谷さんに釘付けになって傍目にも分かるほどうっとり見惚れてなければ良かったけど。
ナルとの間が空きすぎのような気がしたけどいつまでもまるで夫婦らしい睦まじさが露ほども感じられない。
だからナルがひっきりなしに隣の絢子さんに話しかけているのが気になった。
絢子さんは主役としてまんべんなく気を配らなければならないのに相手をさせているのは本当に気の利かない人間だと思った。

注目の眞子さんはどうしているかと思ったが全く面目がないと恥じ入る様子もなく不自然なほど堂々として顔つきも普通だったことがむしろ奇異に思えた。

心中を推測してみたけどあんなに平然としていられるわけはクズ小室に対して感情が冷えてはいないあらわれだと思う。
「守谷さんは確かに立派だけど小室クンだって決して見劣りはしないわ。だから信じて待ってるのよ。圭くんと早くこんな日が来るといいな」 恋は盲目というけどこれほど愚かな女に眞子さんがなっているとは思わなかったわ。
つける薬がないとはこのことだ。

女たらしの面食いのクズ圭が金づる以外の目的で眞子さんに近付くわけないのに今でも純愛だと思い込んでいるのか?利用されただけなのに。
性格もこんなに頑固で頑なで融通のきかない可愛げのない性格が遊び人で束縛を嫌うクズ圭の好みのはずがない。今や辟易して逃げ出したくなっているが金のためにだけ粘っていると思うが、もうこれ以上執着すればするほど眞子さん自身の値打ちも貶めているのになぜ気付かないのか?

ナルは原稿棒読みの上に一番やっちゃならないことを仕出かした。主役の名前を間違えるなんて職場の上司でもやらない最悪のドジだ。
次期天皇のオーラなんてまるで無し。並みいる賓客の中でただ一人トッチャン坊やがポツンと場違いに混じって座っている風にしか見えなかった。
皿女帝サン、お披露目が早すぎたんじゃないの?
これからもことあるごとに馬脚を現していくわよ。
頭痛の種にならなきゃいいけどとても心配(棒)。

さて
佳子さまはもう立派な成年皇族なのになぜ出席ではなかったのでしょうか?
まさか皿の嫌がらせとかではないでしょうけど。

安倍さんの目付きはものすごくてめらめらと炎が燃えているようでしたが、カメラが視界に入っているだろうにあの憎悪のような目付きを隠さなかった理由はなんだったのでしょうね?
散々陰で尻拭いでもさせられているのか?このナルに膨大な国費をかけて全くどぶに捨てるようなものだ。

肝心の主役については改めて書かせていただきます。
最初の印象とがらりと変わったところもありますので。
ひとまず終わります。

2018/11/05 Mon|01:17|URL|EDIT

KUONNo title

・ラピスラズリさん

明日ゆっくり読ませていただきます。ね。

2018/11/05 Mon|22:14|URL|EDIT

ラピスラズリコメント楽しみにしております

KUONさま
わざわざ明日ゆっくり読むと書いて下さって恐縮しております。
いつでも結構です。お時間のあるときに宜しくお願い致します。

これは厚かましいお願いですが「プロの皇族」の記事へのコメントの中に、眞子さんの公務への姿勢についての意見を書きました。大方の受け取り方についてのとても強い違和感を書きました。そのことへのご意見をぜひお聞かせ頂けたらと思いきって厚かましくもお願いさせて頂きました。
何で眞子さんにそんなに優しいのか私は分からないのです。
KUONさんのお気持ちは如何ですか?

2018/11/06 Tue|00:04|URL|EDIT

KUONNo title

・ラピスラズリさん

・お返事大変遅くなりました。

遅くなったから書きやすくなったことも・・絢子さんが「高円宮家を今後もよろしく」と仰ったのは、なんともまあ、でした。自宅前での最後の挨拶の時にも、お姉ちゃんにかな、同じセリフを出されたようで。末端宮家とか言われ、母や姉について言われ、お腹の中、煮えていたのでしょうね、眞子さんとも比較されて笑われる感じで。とってもそういう気は、おありだったと思います。慧氏のことはホントに好きみたい、そこは傍からも「いい」感じですが、見たかアタシのこのオット、ってなバンザイ感も実際と思う。そういう風に感じさせるのも、あの宮家の独特さでしょうか。

三笠宮家も高円家も、続かない家です、きっぱり。基本的に内親王や女王の「公務」など、無かったもの。いろいろ策を弄してどうこうしようとして、成るものですか。そここそ仕切り直しをして、ミテコが広げて収集つかなくした現・皇室のお出かけ仕事、整理したら済むこと。私感です、これ以外認めませ~ん(笑)。

ナルもまたこも今更、なお方。今回の画像で拍手なのは、安倍首相のあの目つき。あのお目目にトロフィーを。

ナルが天皇になるとしたら、私は、そんな皇室からはいっさい、目を背けて行くつもりです。

ふざけるな。裸の王様やってろ、何年つづくか、かすか~に見ていて、笑っていてさしあげますわ。

2018/11/12 Mon|11:50|URL|EDIT

プロフィール

今も夢見る

Author:今も夢見る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

願ってはいましたが叶うとは思っていなかった、海を眺めながらの暮らし。

朝はじめてのコーヒーは、バルコニーで。

ルージュは、シャネルの赤。ずうっとそう。きっとこれからも。

・・・ちょっと、かっこよすぎる。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
▲ top