FC2ブログ

私たち加害者ですか。

Category: まじめなお話。  

昨日からモヤモヤしています。

買い物に行き、週刊誌など置いてあるブックスタンドに目をやったら、有名な女性誌の表紙が目につきました。

時にパラパラすることはあっても、基本的に立ち読みはしないことにしています。記事に何か言いたいときは、買ってから、にしています。いいこちゃんぶってるつもりは、無いです。

その週刊誌を、買い取る気にはなれないので、表紙だけ眺めました。でもよくわからないので、勿体ないけど買いました。その記事だけ、いま、読んだところです。

若い女性皇族が、お母さまが海外へ公務でお出かけになられている間に、ちょっとしたお出かけをされた、という、そんなことのようです。

そんなことを、上は何を着て、靴はヒョウ柄で、とか書いてある。側衛つきなのは、ご本人の責任でなく仕方ないことなのですが、この側衛さんが、若くてすらっとした、という、、そういう方で、とか書いてある。だからどうなんですかぁ、が感想。

皇族の方々の身辺を護衛する「側衛官」は憧れの部署です。皇宮警察のサイトには、「側衛官は武道や体力に優れているほか、知識や経験の豊かな皇宮護衛官の中から選抜され、護衛のプロとしての自覚のもと、常に自らの技能の維持、向上、心身の鍛錬に努めています」と、高尚なことが書かれていました。側衛官は、ただでさえ高倍率の皇宮警官(平成24年度の記録によると、高卒で114・4倍、大卒で66・1倍)の難関を突破して、さらにその中でも選りすぐられた人しかなれないのです。

高円さんチの長女さんは、カレシと一緒に呑んだりするのに邪魔だと、側衛さんをマいたりする、うふふ、など、かつて、仰っておられました。すまじきものは宮仕え、お気の毒に、と、マかれてしまう側衛さんに同情してしまったり。

圭なんぞというた男には、側衛でなくSPなんぞが付けられていて、圭が仕事帰り、エステとやらに行って、紙パンツ姿で気持ちよくしてもらっている間、建物内でじっと待っているのだ、なる記事もありました。

すまじきものは宮仕え。あ、でも、圭は、宮でもなんでもない、ただの〇〇でしかなかったのにね。

無駄遣いさせてくれたものです。


本題に戻ります。

そのお若い皇族女性は、一般的には院を出たくらいのお年になっておられます。大学に二回入りなおして、留学などもされて、お帰りになって再びの学生生活。

何やかやお考えになられることあって、この先は本当の大学院への進学も視野に、なんちゃら。ホントのことなどわかりません。ただ、皇族の女性が舞台芸術だなんだお学びになって、どないしはんねやろ、と。不器用にくそまじめに生きてしまって、娘の学資に詰まって、二人が二人とも中退の憂き目を見させた過去を持つ愚かな母親(どはは、KUONのこと、ちょっとカッコよく・・悪く?ん? 表現してみました)は、天上のお方について、考えてしまうのでございました。

記事中に、太い文字での表記がありました。

「プライベートでは縛られたくない」

ですと。躾その他、厳しいお家の娘さんでいらっしゃる。本人の自由意思は尊重なさるお家でもあるらしい。。

「プライベートでは縛られたくない」

なるほど。流行りの柄の靴くらい、履きたい、文句言わないで、ということか。

まさか、ご本人がそんなこと、仰ったわけでは無かろう。どこか何かのしかけた「罠」なのか、それも私は知らないけど。

出て来たら撮られる、目立ったら書かれる。多分そういうこと、ご不自由でしょうね。

「公務」と称せられる場では、お行儀のいい、皇族らしい服装、身のこなし、話し方やら何やらかにやら。

それらしくいてみせますわ。それ以外の時間、プライベートな時間のことまであれこれ言わないで、ということでしょうか。

・・・・・・。

誰が、あの方を「縛る」のか。何を恐れてあの方は「縛られる」のか。国民の目、を、今は、恐れられての事か。

若い皇族の女性を「縛る」のは、もしかして、国民? 

漲って来た思い…

国民が、縛っている? 自由になさりたい方を?

わたし(たち)、加害者ですか。加害者なんですか。腑に落ちません。

週刊誌の記事の話でした。





スポンサーサイト




 2018_11_01


Comments

いいへ 

KUON大姉さま

私たちは加害者ではありませんことよ。
被害者ですわ、奥様っ!

あの、妙ちきりんな皿帽子やガンダムスーツ、太ももかと思うほどの二の腕をよりにもよって薄いピンクのニットで包んだボンクラ嫁の姿や、嫁と娘の名しか連呼できない頭の悪そうな声を聞かされる私たちは、「被害者」ですっ!キッパリ
見たくない、聞きたくないと思っても、どんなにしても目に入り耳に届いてしまうのですもの。ゴーモンです。(ゴエモンと目がすべってしまいました。甚八っつぁん、ステキ)

週刊誌は、とくに昔の美容院に置いてあったような週刊誌は、自愛婆のプロパガンダですもの。あ、そんな高尚なものではありませんね。
自愛婆のパシリですもの(パシリにはあやまる)、あんな週刊誌の記事を読んで、「マタコさまおきゃわいそー」とか言っている方々は、私にしてみれば、腐りかけのソーセージを投げられた野良犬(野良犬にはあやまる)のようですわ。そんなものが欲しくて、ソーセージの主に尾を振るか。

ヒョウ柄、いいじゃありませんの。
岩井志麻子先生によれば、鼻の頭を黒く塗ると、よりヒョウっぽく見えるそうですわ。
お育ちのよろしいお嬢様も、少し上向き加減のお鼻をしてらっしゃるから、黒塗がお似合いになりそう。
いっそのこと、鼻を黒く塗って全身ヒョウ柄で「ハロウィーンですもの。弟にお菓子をあげましたの」くらいはっちゃけってくださればよかったものを。
そうすれば、「ま、なんてお利口さん。キリストさまの世界のお祝いですもの。アテクシたちも盛大にお祝いしなくちゃね」と、自愛婆が喜ぶことでしょう。

そうかっ!
ハロウィーンの乱痴気騒ぎは、自愛婆がウラで手をまわしていたのかっ!
そういへば、あやつ、普段から仮装してるもんな。

はっ、コーフンして、大変無礼なキチャナイ言葉遣いになってしまいました。お許しくださいませ。
ゴネコ拝
ゴネコ  URL   2018-11-02 08:13  

加害者かも、敵かも。 

加害者、あるいは敵、あるいは・・・。

昔々、研なおこという歌手?が、大麻で逮捕されたのですが、
その時、「研なおこ、でなくて、○○(本名)は何をしてもいいと思った、」と、
馬鹿なことを言っていたのを覚えています。

「研なおこ」は「○○さん」の職業でしょうに。

内親王という立場もすらっとしたその女性の職業、
というか役割、というか、○○さんの一番外側の自分でしょうに。

と、思うのです。

そこんところが、馬鹿にはわかんないんだろーなー、と。
青臭いねぇ、と。

大学でちょろっと学んだ舞台美術やなんやらは、
そのままでは何の役にも立たないもので、
それを役に立てるには、普通はその道に飛び込まなくてはならず、
たいていの人は、そんな勇気がなくて、コツコツと働く人になると思います。

誰かの論文をコピペして、
舞台や映画など見て、あのセンセーの書いてたことと同じだわ、とか思って、
すごい発見をした気になって・・・。

あら、昔の自分への悪口ですわ。

アルジェリマン  URL   2018-11-02 20:34  

 

・ゴネコさん

被害者意識にからめとられて、アタシなんでこんなにかわいそーなのシクシク、ってのは真っ平ごめん、そやけど、たかがのことに、プライベートでは縛られたくない!、とか!マーク付きで仰られると、反応ニブイわたくしも、はああぁ?誰が縛ったんだよぉ、はああぁ?誰があなたをお縛りなの?わたしたち? うちら加害者?と、言いたくなってしまい。

ヒョウ柄とか書いたのはミステイクで、記事には「レパード柄」とあります。お詫びして訂正させていただきます。今年、はやりなのよ、それ。はきたかったんでしょうね、イマ、の靴。わざわざその模様の靴をカットしてブログにあげておられるところもあった。問題は靴か?しかも、?おめおめとすぐに撮られてしまって。ヒップホップやりたかった方だし、お行儀のいい服装はイヤなのでしょう。ついでに書くと、裏千家の長男さんの職業は「詩人」。だははは。あそこのお家は、さっさと次男さんに跡をとらせることにして、詩人の長男は野に放ったままに。賢いですよね、やり方。いいとこのボン崩れの「詩人」さんですけど、がっしり働いてアタシが彼の夢を支えてあげるわ、ってたくましい女の子の庇護を受けるタイプというのでなく・・男前だったお父さまでなく、あれこれ言われていたし今でも・・・のお母さまに似て、イヤ、似てもいない、とにかくブチャ・・いへいへ、素朴なボンで・・いろいろ難しいですわね、奥さま。どんな人でも、子どもだけは思うようにならないのが、世の大勢。

岩井しまこ大先生の男性の趣味はよおわからん、これ本当、でも「ぼっけえ きょおてぇ」初めて読んだ時、戦慄しました。もう、凄い世界、まさに目に見えて。ヒョウと言えば志摩子先生、か。あそこまで晒せないですね、普通。あのお家のお嬢ちゃんには、まあ、まるで全く別世界。オホホのみてこさんにも判らんやろ。おめおめと分からなくてもいい、仕方ないですよね。

三笠宮家の彬子さんが、田植えしておられる姿には、とっても清涼を感じるのですが。彬子さんは書き物をよくされ、ご自分を「町の人が『おひめさん来てくれはった』と迎えて下さり」と。自分を「おひめさん」と書く方、でもそれは、わははは・・・と済ませるようになりました。そーゆーお家ですから、あこは。」ブレてない(笑)。

何書いてるんだか。とにかく、自分の意志を尊重して育てたものを、急に追いかけ回して座布団に座らせて、みたいなことを、なさっても、難しいだろうなあ、と。うまく申せません。


・アルジェリマンさん

昔の自分への悪口、ですか。なるほど・・深いなあ・・・吉田拓郎の歌に

「生きて行くのは ああ みっともないよ」というフレーズがありました。「置き去りにした悲しみは」という歌だったか。置き去りにした悲しみも。汚れっちまった悲しみ(中原中也)、も。ありますね。「就職が決まって髪を切ってきた時もう若くないさと君に言い訳したね」という歌もあった。(いちご白書をもう一度)。

>内親王という立場もすらっとしたその女性の職業、
>というか役割、というか、○○さんの一番外側の自分でしょうに。

>と、思うのです。

ですよね。よくわかります、その言い方。最近??と感じるのは、「好きで皇室に生まれたんじゃない」のような。そういう匂いをふと、感じ、あららら、それってどうなの、と。

また歌の文句ですが「人も羨むような仲が」ってのもあった、ちょっと違うか、天上のお方は、それが、負担で、おイヤでした? とね、とても感じてしまうのです。我慢しなさい、の世界というか。じゃあ、どいてよ。と、言い返したくなってしまう。

>そこんところが、馬鹿にはわかんないんだろーなー、と。
>青臭いねぇ、と。

青臭くて当たり前、とわかってお書きなのですね、で、過去の自分へのワルクチ・・自分の葛藤なんか人さまには言えないと。

とにかく。国民を加害者、あるいは敵、あるいは・・なんぞと、お思いか、と、思えば・・・はああ。
KUON  URL   2018-11-03 21:16  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

今も夢見る

Author:今も夢見る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

願ってはいましたが叶うとは思っていなかった、海を眺めながらの暮らし。

朝はじめてのコーヒーは、バルコニーで。

ルージュは、シャネルの赤。ずうっとそう。きっとこれからも。

・・・ちょっと、かっこよすぎる。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.